全国鉄筋工事業協会

北海道地区
特定技能外国人受入事業説明会

10月8日(火曜日)北海道センチュリーロイヤルホテル20階グレイスにて
建設専門団体北海道地区連合会主催、一般社団法人 建設技能人材機構(JAC)より講師を招き、本年4月1日施行された特定技能外国人受入れ制度に基づく「建設分野の外国人材受入事業説明会」を開催致しました。

参加団体は全国鉄筋工事業協会始め11団体で総勢62名の皆様にご参加頂きました。

建設産業専門団体北海道地区連合会、熊谷会長(北海道鉄筋業協同組合理事長)の開会のご挨拶の中で、減少している建設業労働者の対応についてお話がありました。
北海道建専連として、本年4月より施行された特定技能外国人受入事業について、一般社団法人建設技能人材機構の江口管理部長による制度説明会開催のご案内をした所、この様に多くの方々にご参加頂きました。
この制度を人手不足解消に活用するかどうか、各企業様で制度内容等を充分理解して頂いた上でご判断いただけたらと思います。
お忙しい中、北海道までお越し頂きました江口部長様には、心より感謝申し上げます。
と述べる
質疑応答では、特定技能を支援する登録支援機関についてやJAC加入手続きや無料職業紹介、特定技能外国人の処遇など、活発な意見交換があり、適切な制度運用に向けて理解を深めて頂きました。

令和元年度 特定技能外国人の受入れに関する説明会
式次第(北海道)

開会日時 令和元年10月8日(火)13:30〜15:00
開催場所 センチュリーロイヤルホテル 20階 グレイス
司会進行 建設産業専門団体北海道地区連合会 事務局長 阿部 孝明

1.開会の挨拶(13:30〜13:35)
建設産業専門団体北海道地区連合会 会長 熊谷 誠一


2.「建設分野の特定技能外国人の受入れについて」 (13:35〜14:15)

一般社団法人 建設技能人材機構(JAC)
管理部長 江口 大暁様


3.「建設特定技能受入計画の作成について」 (14:15〜14:35)

一般社団法人 建設技能人材機構(JAC)
事業部PL 遠藤 眞一 様

4. 質疑応答 (14:35〜15:00)

「実習生から雇用する場合について」 株式会社 共鉄工業
「特定技能外国人の最短の受入れ時期について」 株式会社 ダイテツ
「特定技能外国人の仲介業者の選定について」 ライト工業 株式会社

5.閉会

 

ページ上部へ戻る