全国鉄筋工事業協会

 

平成30年度鉄筋基礎・専門講習会の開催について

 略、平素は当協会の運営につきましてご協力、ご支援を頂き感謝しております。
さて、技能開発計画の1つであり、例年新規入職者(新入社員など)やキャリアアップ希望者の方々を対象とした「鉄筋基礎・専門講習会」を2回に分けて下記日程にて開催致します。現下の厳しい環境は雇用を拡大できる状況ではありませんが、見方を変えれば若い人材を獲得できるチャンスでもあります。採用予定がありましたら是非講習を受講されますようお取り計らいをお願い致します。
この時期は多くの講習が重なり富士教育訓練センターも定員一杯の状況が予想され定員制限がございます。
お早めにお申し込み下さい。
※平成29年度より 鉄筋基礎・実践型鉄筋施工 カリキュラムが改正になりました ご留意下さい
 

@特別教育助成金制度の廃止

□労働安全衛生法第五十九条3項に準拠し、特別教育が事業者の責務となりそれに伴い、この法律に基づいて行う特別教育は助成金の対象外となりました。
※高所作業車特別教育を技能講習として助成金対象で対応致します。

 従来取得していた資格

29年度取得する資格

1.玉掛け技能講習
2.高所作業車特別教育(助成金廃止)
3.クレーン特別教育 (助成金廃止)
4.足場組立特別教育 (助成金廃止)
5.アーク溶接特別教育 (助成金廃止)
1.玉掛け技能講習 (助成金対象)
2.高所作業車技能講習(助成金対象)
3.クレーン特別教育(助成金なし)
4.足場組立特別教育(助成金なし)
教育訓練負担金81,000円 教育訓練負担金81,000円
訓練日数22日 訓練日数22日


A助成金申請の対比

改定前

改定後

134時間助成対象時間 110時間助成対象時間 
(24時間助成対象外時間)

※助成金の申請はお近くの労働局(または、ハローワーク)へ開催する1ヶ月前までに申請して下さい。


B富士教育訓練センター宿泊費改定(平成29年1月1日より)

※共用棟・宿泊棟が完成し、平成29年1月より供用開始のための改訂

宿泊食事代1日28年12月2,790円 宿泊食事代1日29年1月4,000円
2,970円×22泊=65,340円 4,000円×22泊=88,000円
差額22,660円

つきましては、ご多用のおりではありますが、会員企業の希望をとりまとめて、別紙にてご報告のほどお願い致します。
 

草々

1. 期間

@第42回講習会 平成30年4月4日(水)〜4月25日(水)
A実践型鉄筋施工 平成30年4月4日(水)〜4月25日(水)
B第43回講習会 平成30年5月8日(火)〜5月30日(水)

 

2. 費用

@第42回 165,000円(訓練負担金81,000円 宿泊費等84,000円)
A 実践型  165,000円(訓練負担金81,000円 宿泊費等84,000円)
B第43回 165,000円(訓練負担金81,000円 宿泊費等84,000円)

3.科目内容と時間

科目内容 詳 細 時間

1 鉄筋施工法

●鉄筋の組立て・解体
●各種器工具の取扱い
●鉄筋の継手方法
●鉄筋の加工、運搬、取り付け
36h
2 建築概論 ●建築一般概論
●鉄筋コンクリート
●型枠・鉄筋コンクリート
4h
3 安全衛生 ●集団行動
●安全作業法
●社会人マナー
●応急救護措置
●教育訓練全体の復習、まとめ等
22h
4 安全衛生作業法 ●玉掛け技能講習
○クレーンの運転
●高所作業車運転
○足場の組立て
72h
  ※当項凡例
●:技能講習  ○:特別教育
合 計 134h


概 要

鉄筋工事の概要、工具類の取扱い、鉄筋工事の施工法、及び安全作業法について基礎的な技能を修得させる。

対 象

初心者(実務経験0〜3年)

7.富士教育訓練センターよりの各コース案内書について



8.お申込みについて


■送付先■
全鉄筋 岩佐まで下記メールアドレス又はFAXにて
アドレス iwasataeko@zentekkin.or.jp

ページ上部へ戻る